2010年11月25日

タイプ別つけまつげ

つけまつげを楽しむには、幾つものタイプを好みや目的に応じて使い分けることです。

そこで、つけまつげのタイプを大きく分類してみましょう。

・フルラインタイプ
初心者にも使いやすいタイプです。全体につけるので、自分のまつげとの区別が付きにくくなります。目頭から目尻までを飾ります。

・ハーフタイプ
目尻側のまつげを長く魅せるタイプです。まつげにアクセントを付けたいとき、まぶたの中央から目尻にかけてのボリュームを増やすタイプです。

・ポイントタイプ
自分のまつげにアクセントを付けたり、貧弱に思える部分の補強に使えるポイントタイプは、付けるのが簡単ですが、不自然になりやすいので、慣れが必要です。また、下まつげにも使えます。

・下まつげ用タイプ
下まつげは小顔効果やデカ目効果を出すには重要なアイテムです。上まつげ以上に顔の印象を変えてしまうので、是非試してみてください。

・羽まつげ
これは特別な発表会やパーティーといった、華やかなシーンで使える遊び心のあるつけまつげです。特にカラフルで奇抜なデザインが多いので、日常では使えませんね。


つけまつげの新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:40| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気が出てきたつけまつげ

つけまつげと言えば、以前は芸能人など一部の女性たちが使うものだという印象がありましたが、最近では一般の女性たちが日常的に使うようになってきました。

このように、多くの女性たちにとって、つけまつげが日常品となったのは、最近のつけまつげがよりナチュラルに仕上がるようになってきたからだと考えられます。

他にも、つけまつげの価格が安価であるわりに、豊富な種類が揃ってきて、自分の好みのつけまつげを選びやすくなったことも普及した理由でしょう。

女性が憧れるパッチリ目や二重まぶたといった魅力的な目も、つけまつげがあれば、簡単に手に入るようになりました。

手軽に女性の魅力を高めることができるのですから、つけまつげは是非ともアイメイクで試してみましょう。

つけまつげの新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:39| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

透明な根本のつけまつげ

つけまつげには、目尻などのポイントを強調するタイプやナチュラルな仕上がりのタイプ、そしてボリュームをアップさせるタイプなどがあります。

もし、より自然な仕上がりを好まれるのであれば、根本が透明なタイプを試してみましょう。

根本が透明なタイプは、付ける位置が難しいところもありますが、これは慣れてしまいますので、問題はありません。

このタイプは、突然目元が強調されてしまうということも有りませんので、つけまつげ初心者にも抵抗が少ないでしょう。

当然、透明なタイプですから、接着剤のグルも透明なものを使いましょう。

ただ、最初から透明なタイプですと、どこに付けたのか、あるいはどのくらいの量を付けたのかがわかりにくいので、最初は白くて乾くと透明になるタイプがお薦めです。




posted by 小悪魔 at 22:39| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスカラではない塗るつけまつげ

マスカラとは別に、塗るタイプのつけまつげがあります。

どこが違うのでしょうか?

塗るつけまつげで有名なものに、デジャブやファイバーウイッグがあります。

マスカラと同じように塗って使うので、長さも自由に調整できますが、マスカラと違うのは、その後でビューラーを使って整えられることです。

特にフィルム状に乾くデジャブであれば、パンダ目になることもないですよ。

また、マスからとは違ってまつげが自然に長くなったような仕上がりにできるのがファイバーウイッグです。

塗るつけまつげは、何度も重ね塗りができてしまうので、どんどんボリュームが出せてしまいますから、塗りすぎないように注意してください。


塗るつけまつげの新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:38| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなどれない100円つけまつげ

つけまつげには、100円均一ショップで売られている安価な物がありますが、初心者にはこれらのつけまつげがお薦めです。

いきなり高額なつけまつげを購入してしまうと、デザインや装着感など、失敗したときに、とても損した気持ちになります。

その点、100円であれば、諦めもつきますし、何しろ種類も豊富ですから、気軽にどんどん試してみることができます。

しかし安いからとばかにしてはいけません。

とても評判が高くて愛用者が多いのがダイソーのつけまつげです。

しかも安いのに、1ヶ月は使えるほど長持ちしますから驚きです。

また、高額なつけまつげと沢山試した結果、ダイソーの100円つけまつげに落ち着いたという人もおおく、その理由は、種類の豊富さと、品質の良さなのだそうですよ。

特に人気があるのは、自然はの2番、勝負目の4番がダイソーでは人気です。


100円均一のつけまつげ新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:37| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級感のある人毛つけまつげ

10代後半から20代後半の女性を対象に、「今よりもっとかわいくなりたい美人GALのための魔性&欲望BOOK」をコンセプトにした人気の女性誌が「小悪魔ageha」です。

この「小悪魔ageha」で紹介されたことで、一躍話題になったのが人毛100%のつけまつげです。

たとえばビューラーを使ったとき、ポリエステル製ではできないほどの自毛との一体感が、人毛製では可能なのです。

また、持ちも良く、マスカラとの相性も良いですね。

しかもまつげパーマができるところも人毛ならではです。

その軽さも、人毛ならではで、ポリエステルではこの軽さは出ません。

人毛といっても、安心して使える様に、高温スチーム熱処理がされています。

なにより、一度試したいのは、この高級感ですね。


人毛のつけまつげ新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:36| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇抜な演出をするなら羽まつげ

今日は普通のつけまつげではつまらない、インパクトに欠けるなぁ、というような特別なイベントにふさわしいのが羽まつげ。

羽まつげには、本当に驚くほどカラフルでいろいろな形状のものがあり、そのインパクトは顔を変えてしまうほどです。

そのデザインの奇抜さは、羽まつげの名前の通り、鳥の羽や花びらのようなデザインが豊富です。

大胆な演出をしたいときには役立つアイテムですし、1,000円程度からありますので、試してみてはいかがでしょう。

もちろん、繰り返し使うこともできます。

たとえば特別なパーティーや、コンサートなど、当たり前では地味に見えてしまうイベントには重宝しますね。

奇抜なのはデザインだけではありません。付け方も工夫すればさらに遊べますよ。片目だけに使ったり、重ねてみたり。

羽まつげは、脱日常のアイテムです。


羽まつげ新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:36| タイプ別のつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。