2010年11月25日

自然な感じにつけまつげを付ける

つけまつげを付けたらといっても、できればそれを意識させないような自然な仕上がりが理想的ですね。

どうすればつけまつげを意識させないような付け方ができるのでしょうか。

たとえば以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

つけまつげをめいっぱいの長さで使わずに、目尻側をカットしてまぶたの7割程度の長さにしておきます。

そしてつけまつげが浮き上がらないように、付ける前に自分のまつげをビューラーでカールしておきましょう。そのことで、つけまつげと自分のまつげが分離せずに馴染みます。

接着剤の付け方も工夫してみましょう。いきなり全体に接着剤を塗らずに、まず点々と付けてから、それらを指でのばしますと付けすぎないで済みます。

つけまつげを付けるときも、目尻に合うように付けてみましょう。

自分のまつげとより馴染ませるには、つけまつげを付けてからマスカラを使い、その上でビューラーを使ってみる方法も試してみてください。

仕上げに、接着剤がはみ出しているところを、アイラインで隠せば完璧ですね。


自然なつけまつげの新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:34| ハウツーつけまつげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。