2010年11月24日

つけまつげ用のケースの必要性

つけまつげにはケースが必要だということを、あまり意識されていない方も多いようです。

しかし、つけまつげを使っていると、どうしてもケースが必要になってきます。

まず、ケースの第一の目的は保管ですね。

お気に入りのつけまつげは繰り返し使えますので、ケースで保管する必要がでてきます。

次に携帯する目的があります。

外泊するときなど、つけまつげを持ち歩くためにも、出先で保管するためにもケースが必要になります。

それではケースは購入しなければならないかというと、必ずしもそうではありません。

つけまつげを購入した際にセットされていたケースが優れている場合は、そのまま保管用や携帯用に使える場合があります。

もっとも、つけまつげ専用ケースは、高額な商品ではありませんので、新たに購入しても良いでしょう。

その場合、いろいろと工夫がされているケースが多くありますので、目的や使い勝手に合わせて選びましょう。

例えば上まつげと下まつげが、あるいは左右のつけまつげが混ざらないようにパーティションが付いているケースは多くあるタイプです。

また、スポンジを敷き詰めることでつけまつげが痛まないように工夫されているケースもあります。

ケースの中には、台座が付いていて、つけまつげをその台座に軽く貼り付けておくことで、カールした形状を維持するように工夫されているものもあります。

さらに気の利いた物では、蓋の裏側に鏡がついていて、付けたつけまつげの状態をいつでも確認できるようにしているものもあります。


つけまつげ用ケースの新着情報はこちら




posted by 小悪魔 at 22:57| つけまつげのお便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。